さまざまな原因が絡むトイレの水漏れ

さまざまな原因が絡むトイレの水漏れ 水漏れという事態は、かなりの問題を抱えています。この状態を何とかしなければいけません。発生場所の周りも濡れてしまいますし、建材にも影響を与えてしまうことになるでしょう。トイレ 水漏れという状況を考えると、衛生的に大きな問題を発生させることになってしまいます。もちろん、マンションなどに住んでいる場合には、下の階への影響は甚大な被害につながってしまう可能性があります。とても大きな問題となり、住み続けることにも影響してきてしまいます。損害の金額だけでも大きなものになるため、保険をかけなければいけないこともあるでしょう。それほどの状況になるからこそ、対策も打てるように普段から考えていかなければいけません。

■自分で対応できるかどうか

トイレで水が漏れていることを発見した場合、大事なこととして、自分が対応できるのかどうかを考えなければいけないでしょう。まず驚いてしまう人が多いですが、どんな方法をとるとしても、まずは止水栓を締めるところから始まります。トイレに給水管がつながっているはずですが、ここには水量がコントロールできるように栓が取り付けられていますが、これを締めてしまえば給水はストップすることになるでしょう。当然、水漏れも拡大しなくなってくるため、焦らずに締めることが大切です。マイナスドライバーなどで締められるようになっていますが、固着して動かないようなこともあります。そんな時には、元栓を締める方法が有効となるため、日常から場所の確認はしておくべきです。

■当たり前に使われている温水洗浄便座からも
トイレ本体から水が漏れているのではなく、温水洗浄便座から漏れているといったこともあります。現代社会の必需品とも言われるようになり、今では珍しいものではなくなりました。いくつかのタイプがあり、貯水タイプのものになると、劣化で水漏れが発生することが出てきます。給水し続ける瞬間式でも、接続部分で問題があれば、水が漏れるというより噴き出してくることもあるでしょう。内部に漏れ続けていて、気が付いたときには水浸しになってしまうことも出てきます。大事なことは、電気を使っている家電製品であることでしょう。水漏れと非常に相性の悪い電気が絡んでくるため、専門家へ修理を依頼することも考えていかなければいけません。感電してしまう危険性は、家庭用電源だから低いということはなく、逆にリスクが高いことを覚えておきましょう。

■修理ができなくなるようなことも

水漏れの状況によっては、修理ができなくなるようなこともあります。どんな工業製品であっても、部品の生産が永遠に続くようなことはありません。新製品に合わせて部品も変わってくるため、汎用品以外はいつか製造中止となり無くなると考えるべきでしょう。トイレでもこれは変わりがなく、いつか部品は生産されなくなります。これがひとつの寿命として判断できるポイントになってきますが、交換してしまう選択肢も頭に入れておかなければいけません。交換することによって起きるメリットもあるのですから、見逃さないようにしておくと、トラブルが起きる前に対処できる可能性も出てきます。交換することはデメリットではないからです。

■まとめ
トイレのトラブルは、生活に直接影響を与えることになります。使えない状況はストレスになりますし、大きな問題を引き起こすことにもつながるでしょう。自分で直す方法は、時間や労力がかかります。道具もそろえる必要がありますし、部品もそろえなければいけません。知識や経験も関係してくる以上、自分で修理が難しいと感じた時には、すぐにでも専門家に依頼するのがポイントです。他にもさまざまな情報がありますので、いざというときの参考にしてみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース