トイレと床の隙間からの水漏れは交換工事も視野に入れる

トイレの水漏れは、さまざまなところから起きる可能性があります。水を使わなければ機能を発揮することができないからですが、一体何が原因なのかを突き止める必要があるでしょう。そこから対処方法を検討していくことになりますが、大規模な工事になってしまう可能性もあります。特にひどい状況の時には、トイレの交換が必要になることも出てくるのは、考えておかなければいけないポイントです。特に便器と床の隙間からの水漏れは、大量に漏れてこない代わりに深刻な問題を抱える可能性があります。

■隙間から漏れてくるような場合

便器と床の隙間から水が漏れてくる状況は、原因がいくつも絡み合ってきます。設置して間もない場合には、トイレを設置工事した時のミスです。しかし、時間が経ってからでは、これが原因とは考えにくい状況が生まれます。次にあるのは、排水管との接続で使われているパッキンが摩耗してしまっている状況です。経年劣化でも引き起こされますが、本体を外さなければ交換はできません。最も深刻なのは、便器のひび割れです。ひびが入ってしまう理由はいろいろとありますが、水漏れが止まることはありません。簡単な対処としては、止水用のパテで固めてしまう方法がありますが、床下には永遠に流れ続けてしまうことを考えておく必要があります。

■被害を考えれば早めのトイレの交換

どれが原因としても、いったん外したうえで施工を進めていく必要があるでしょう。便器のひび割れなどになると、パテで固めたとしても被害は拡大する可能性が高まります。根本的な解決を考えるためには、トイレの交換が必要になってくるでしょう。専門業者しかできない領域になってきますが、わずかでも漏れ続ければ、衛生的に問題が出てきます。下の階や床に影響を与えることにもなりますし、被害によっては賠償責任が生じるようなことも考えなければなりません。早めに対応できれば、被害は抑えることができるのですから、交換を視野に入れておくべきです。

■まとめ
トイレの交換は、工事としては大きなものにはなってくるものの、単純なものであれば数時間で終了します。リフォームのような構造変更も同時におこなっていくと時間はかかるようになるため、被害がひどくないときには、一度専門業者と相談したうえで、どんなかたちをとっていくべきか相談してみるといいでしょう。交換するようなときはそうそう訪れないのですから、これを機会に快適な環境を作るのもひとつの方法です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ